額へのボトックス注射で見られる代表的な例

ボトックス注射は、顔の筋肉の動きを弱めてシワを目立たなくするもの。たとえば表情が作りにくくなって、無表情に見えてしまうのも筋力低下が原因。ボトックス注射の効果が続く3〜6ヶ月の間はじっとがまんし、その効果が消えるのと共に副作用の症状が消えるのをただひたすら待つことだけしか、対処のしようがなくなっていたんです。二重の人が、奥二重や一重に見えますようになってしまうことも少なくありません。眉尻が上昇してつり眉になりましましましたり、逆に眉が下がって目が細くなり、手酷い印象にになることも。つまり、効果が出過ぎてしまうと、周辺部位の筋力低下を引き起こすことに。問題は、これらの副作用に対してできることは、何もないこと。額へのボトックス注射で見られる代表的な例は、額や眉間の筋肉が動きにくくなることで、まぶたが重くなる眼瞼下垂(けんがんかすい)です。顔の表面が突っ張って、不自然な表情にみえてしまうこともあるようです。